合宿免許とは

自動車の運転免許を取得したいと考えている方ならば、おそらく一度は聞いたことがあるであろう言葉、「合宿免許」。 合宿免許とは、その名の通り、合宿という形で宿泊しながら運転免許の教習を受講し、通学するのに比べてはるかに早い期間で運転免許を取得するというものです。

運転免許取得は、通学をする場合、平均で2~3か月かかります。 また、時期によっては受講予約がとれずに、更に長い期間が必要となってしまうこともあり、思うように通うことができないというデメリットもあります。

その点、合宿免許であれば短期集中という形でスケジュールを組んで免許取得を目指すことができますから、おおよそ2週間ほどで免許を取得することができるのです。 そのため、学生さんなどが春休みや夏休みなど期間の決まっている休みの間に免許取得を目指したいというときに、非常にオススメな方法なのです。

合宿免許は効率よく免許取得を目指せる一方で、何らかの理由がない限りは、途中で帰ることができなりというデメリットがあります。 入校から卒業までのスケジュールがきっちりと決まっているため、ひとつでもキャンセルになってしまうとスケジュールが狂ってしまい、予定通りに免許取得ができなくなってしまうのです。 ですから、合宿免許を考えるのであれば、合宿期間中、その他の予定を入れないようにする必要があります。

合宿免許は、非常に便利な一方で、不安な面や疑問な面も多いものです。 そんな不安や疑問について、ここで解消することができるよう、合宿免許について詳しくご紹介させていただきます。

メインコンテンツ

その他のコンテンツ